Wine・Art      
    Vini / sculture
  ピエモンテワインとオリーブオイルの専門店。ピエモンテ在住で会社設立。ピエモンテワイン、オリーブオイルの直輸入販売をしています。
   イタリアソムリエ協会ソムリエがご案内する ピエモンテ州のワイン産地 アルバ、バローロ、バルバレスコ 、ゲンメ などのピエモンテワイナリー訪問.
   ピエモンテワインツアー、ワイナリー、稲作農家、養豚農家、酪農家などのピエモンテの農業視察、現地コーディネート。
   イタリア現地調査、視察など現地コーディネート。

 
 info@wineart-piemonte.com

BORGOGNO FRANCESCO  ボルゴーニョ フランチェスコ
(ピエモンテ州ランゲ地方 バローロ)



Home   About us   Shopping   ピエモンテワイナリー訪問とピエモンテ農業視察    Link   お問い合わせ   Blog

オリーブオイル  ピエモンテワイン  バルサミコ酢



オンライン通販のページです。
Shopping をクリックして、ショッピングカートのページでお買いもの、またはメールからのご注文も可能です。
結婚式などのオリジナルラベルのご相談、贈り物などの本数の多いお客様ホテル、レストラン、ワインバーなどのお客様は、メール、またはお問い合わせフォームでご連絡下さい。

Wine・Art S.p.A.
Kita-ku,Tokyo,Japan

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。未成年の方のお酒のお申し込みは、お受けできません。


ピエモンテ州バローロにあるワイナリー、ボルゴーニョ フランチェスコ(Borgogno Francesco)は、バローロからラモッラへの入り口にあり、
ワイナリーから丘に登ると、ラモッラのブルナーテの畑が広がっています。有名なブルナーテの畑の中にある古い農家の建物は、このワイナリーのこの家族の昔の家で、
最初のワイン貯蔵庫は、ブルナーテの畑の下にありました。現在は、ブルナーテの丘のすぐ下に、ワイナリーと家族が暮らす家があります。

ワイナリーは、家族経営で、現在は、フランチェスコさんは、奥さんのジュゼッピーナさんと2人の息子、ジャンカルロさん、クラウディオさん、
クラウディオさんのお嫁さんのシルヴィアさんの家族5人によりワインが造られています。6ヘクタールの畑を所有 年間生産本数約25,000本

ボルゴーニョ フランチェスコのワイナリーは、自宅敷地内に2か所あり、写真は、ステンレスタンクと貯蔵庫となっている部分。
白ワインの品種、ファボリータと、若い赤ワインのドルチェット、バルベーラをここで熟成しています。

冬は、霧深く寒かった日に、ワイナリー訪問を実施した日の写真。右は、ワイナリーのシルヴィアさん。

ステンレスタンク、倉庫は、すべてコンピューターで温度管理され品質を保っています。ワイナリー内は、いつも清潔に保たれています。
ネッビオーロ以外の品種は、すべてここで醸造されボトル詰めからラベルを貼り、出荷するまでの工程は、すべてここで行われます。

白ワインとなる品種
ファヴォリータが、最も早くに始まり、9月第2週目には収穫が終わると、コンピューターで温度管理されたステンレスタンクで17℃に保ち、
発酵され後、タンク内に保管され、春のボトル詰めの時期まで静かに待ちます。そして次に品種
ドルチェットのワインの醸造が始まります。
収穫されたドルチェットは、ブドウの軸の部分を取り除いた後、果汁、果皮、種をつけて25℃に管理されたステンレスタンクの中で発酵させます。
果皮や種子と一緒に発酵させる期間は、5,6日間。その後、果皮、果肉が圧搾機によって搾られて若い赤ワインになります。
そのままステンレスタンクで保管され、フィルターを使わずに静かに澱が沈んでいくのを待ちます。

このワイナリーでの
バルベーラの収穫時期は、遅くネッビオーロの少し前で10月初旬に始まります。ドルチェットと同じようにブドウの軸を取り除いた後、
25-27℃に管理されたステンレスタンクの中で発酵させて、果皮と種子が一緒の期間がドルチェットよりも長くなり、同じくフィルターを使わずに
澱が静かに沈んでいき澄んだワインは、このステンレスタンクの部屋から移動しバローロ、ランゲ ネッビオーロの醸造される半地下のワイナリーに移動させます。

ランゲ・ネッビオーロは、フランス産の小樽(500リットルのトノー)を使用しますが、この小樽は、新樽でなく樽の中をトーストした香りをつけることなく
静かに樽の中で木を通して、ワインに呼吸を与え(収穫年2010年に関しては、約6ヶ月)熟成後にボトル詰めをして、瓶内で熟成2か月を経て市場に出荷されます。


写真は、ワイナリーの家族、フランチェスコさんの次男のクラウディオさんとクラウディオさんの娘さんのアンナちゃん

ワイナリーで最初に醸造を始めた頃のバローロのラベル、一番左が現在のバローロのラベルです。バローロは、自宅の下の半地下になったワイナリーで発酵後、
(ステンレスタンクとセメントタンク)スラヴォニア産の樫の木の大樽(30~50ヘクトリットル)で3年熟成後、ボトル詰めされ、1年瓶内で熟成後に市場に出荷されます。

この大樽は、約50年近くの寿命で代々2つの大樽を購入。フランチェスコさんは、この樽を購入し、2011年には、息子さんのジャンカルロさんとクラウディオさんが寿命が来た大樽2個を
新しくしました。この小さなワイナリーの空間にある何種類かの樽は、この家族の歴史なのです。

バローロのブルナーテの畑は、ラ・モッラにある南西向きの畑、ボルゴーニョ フランチェスコの持つ畑は、標高350mのところにおよそ3.4ヘクタール。
ここでは、すべてネッビオーロが栽培され、バローロ、そして一部ランゲ ネッビオーロのワインになります。収穫時期は、ネッビオーロが最も遅く、例年10月中旬に行われますが、
気候により変動し、暑かった2011年には、例年よりも約2週間早く収穫が開始されました。また雨の予報があれば、その前にすべて収穫してしまうため、家族だけでは、間に合わず
近くのブドウ農家の人にも手伝ってもらうこともあります。通常、家族だけの手摘みの作業です。
1ヘクタールあたりのブドウは、約8000sで約5,500リットル 年間約20,000本のバローロとなります。現在のネッビオーロの樹は、1970年に植樹されたもので、
一部2000年にも新たに植樹されました。ブルナーテの畑は、ボルゴーニョ フランチェスコの昔の農家の廃墟の建物を境に、南東向きの
フォンタナッツア(Fontanazzaの畑に
続いています。
このフォンタナッツア(Fontanazza)の畑には、主に品種ドルチェット、そしてランゲ ネッビオーロのワインになるネッビオーロが栽培されています。
品種ドルチェットのブドウの樹は、1973年に植樹されています。

ブルナーテ(Brunate)の畑:Barolo Brunate (DOCG), Langhe Nebbiolo (DOC)
フォンタナッツア(Fontanazza)の畑: Langhe Nebbiolo (DOC),Dolcetto d'Alba (DOC)

フランチェスコさんとシルヴィアさんの次女ルチアちゃん。
右は、50年以上使用したバローロの大樽がワインが漏れるようになり入れ替えの時期となり、外に出されたものです。フランチェスコさんのお父さんが購入したものでした。
白い犬は、白トリュフ犬。この樽は、暖炉の薪となります。2つの最も古い大樽が新しく入れ替えとなりました。
そのため新しい樽を使ったバローロは、大樽でトーストがなされていなくても、この樽を使った収穫年のもののみ新しい木の芳香がつくことでしょう。
収穫年2010年が大樽の新樽を使った最初のものになります。 

そしてその次の収穫年のものは、フランチェスコさんが若い時に購入した古い樽に眠っています。収穫年の天候によるブドウの出来だけでなく、このように樽で
変わることもあり、とても興味深いです。バローロを他のワインと違い、同時に別の収穫年のものを販売したいというのは、こういう理由です。
是非、その違いを楽しんで食卓でワインを語りあってみてください。



*収穫年2010年から新しくブルナーテの畑のネッビオーロの他にフランチェスコさんの出身のベッリの畑のネッビオーロが誕生しました。

またこれらの2010年は、大樽の新樽になります。ベッリの畑のバローロは、弊社で緑色のラベルをデザインしました。日本限定ラベルになります。
ブルナーテは、従来のようにボルドー色のラベルになり、今後、2種類のバローロを販売します。





ブルナーテの畑、農家の廃墟前には、無農薬のローズマリーなどの香草、イチジク、ラベンダーなどがあり、昔、畑の中に家があった頃の様子が
感じられます。右は、廃墟となったブルナーテの畑に埋まるようにある最初のワイン貯蔵庫。


フランチェスコさんの奥さんのジュゼッピーナさんは、ワインの味を確かめる重要な役目を果たし、現在でもブルナーテの畑で作業もしています。
バローロのブルナーテの畑では、11月末から2月までブドウの剪定作業、1月から3月まで剪定が終わったブドウの枝を巻きつける作業と春が来るまでに
冷たい空気の中行われる農作業があり、ジュゼッピーナさんは、その中でも重要な役割をしています。
フランチェスコさんと奥さん ジュゼッピーナさん。


クラウディオさんのお嫁さんのシルヴィアさんは、バローロからすぐ近くのモンフォルテ出身。そのご実家のお父さんのマリオさんは、ブドウ農家。
バローロにあるボルゴーニョ フランチェスコで美味しいバルベーラのワインがあるのは、バルベーラで有名なモンフォルテのマリオさんの畑のブドウのおかげです。

モンフォルテ・ダルバのサン セバスティアーノ(San Sebastiano)地区
標高550mにある南西向きの畑3ヘクタールのうちの1ヘクタールのブドウが、
このボルゴーニョ フランチェスコのバルベーラ・ダルバとなります。
バルベーラのブドウの樹は、植樹は1960年。すでに50年以上の古い樹となっていて、
特に、マリオさんの持つ畑は、ポテンシャルが高いということで、イタリアのワイン研究家が地質の調査に訪れたこともあります。
バルベーラ・ダルバ(Barbera d' Alba)の年間生産本数 約4000本

ご実家のお父さん マリオ ヴィアツィさと、シルヴィアさんと娘さんのアンナちゃん マリオさんが手にしているのは、自分の畑のブドウから造られたバルベーラのボトルです。
 
  

ロエロ地方、クーネオ県ソンマリーヴァ ぺルノ(Sommariva Perno)に0.8ヘクタールの畑を所有し、美味しい白ワインの産地であり、
ここで家族や親戚、知人用に白ワインを造っているのが、白ワイン(テーブルワインの格付け)の品種は、
ピエモンテの地場品種フォボリータ(Favorita)100%
人気で日本のワイン会などでも多く使用されました。収穫年2011年からラベルを新しく変えて、かつてこのワイナリーが販売していたように、
ランゲ ファボリータ(Langhe Favorita ) DOCとすることになりました。
それまでの、Vino Bianco(白ワイン)というシンプルな名前がランゲ・ファボリータとなり、テーブルワインから格付けもDOCになります。年間生産本数約1500本

 


すべてのワインは、ワイナリーからの直接輸入しています。送料は、全国一律 1〜12本まで864円でお届けします。
空輸で輸送されています。すべて成田空港から温度管理されたトラックで運び、希少なワインの多くを軽井沢の地下倉庫で保管しています。

希少であるピエモンテのオリーブオイル、ピエモンテワインを現地と同じ味わいで楽しんでいただくために、
すべての商品は、イタリア ミラノ マルペンサ空港より航空便を使用しています。
空輸であっても弊社の代表がピエモンテ在住のため、現地から直接購入する特典を感じてもらえるような価格に設定しています
 

現在、取り扱っているワインは、以下の通りです。

DOLCETTO D'ALBA  2014 ドルチェット ダルバ  2,590円【税込2,797円】

バローロの中でも特にポテンシャルの高い畑 ブルナーテの横に広がる

フォンタナッツァの無農薬の畑で栽培するドルチェット。

主に地元で消費され、バローロから約150q離れた同じくピエモンテ州ノヴァーラ県の町に
このワイナリーを紹介したところ、一年中で最も大切な夏祭りで提供するワインとして
選ばれたワインです。自然でフォンタナッツァの土壌で栽培されたドルチェット。
自然でシンプルにその品種の特徴を感じることのできるワインです。ランチタイム、そして
食前酒、またはディナータイムでチキン、ポークなどのお肉料理にも楽しめます。
ワイナリーの家族は、もちろん、ピエモンテで日常的に楽しく毎日、楽しく飲むことのできるような
自然な味わいです。
ステンレスタンクでのみ醸造 熟成
ブドウの品種:ドルチェット 100%




Langhe Favorita 2013 ランゲ フォボリータ 2,790円【税込3,013円】 BARBERA D'ALBA  (完売。現在2015ボトル詰め待ちです。) バルベーラ・ダルバ
LANGHE NEBBIOLO  (完売。現在2015ボトル詰め待ちです。) ランゲ ネッビオーロ

今までの販売は、Vino Bianco
(家族用の白ワイン ファボリータ)
フランチェスコさんが家族や友達を思い
出来る限り自然に丁寧に造った
微発泡のワイン。ロエロ地方にある畑で
綺麗なミネラルと酸味を持つワイン。
ステンレスタンクでのみ醸造。

ブドウの品種:ファボリータ 100%

2,3回使用した後の
トーストによるバニラ臭のない
フランス産小樽、
500リットルのトノーで

穏やかな木に通して
、ワインに呼吸を与え
6ヶ月熟成しています。

ブドウの品種:バルベーラ 100%

年間 生産本数は、約3,000
バローロと同じブルナ―テの畑と
昔の自分たちの農家の建物を境界に
わずかに標高が低くなった
隣のフォンタラッツァの畑の一部の
ネッビオーロを使用し、
バローロでなく、
ランゲネッビオ―ロにしています。
何回か使用し、すでにトーストによる
バニラ臭のないフランス産小樽
500リットルトノーによって
穏やかな木に通して、ワインに呼吸を与え
8ヶ月熟成。

ブドウの品種:ネッビオーロ 100%




 

バローロ  BAROLO 2010 5,120円【税込5,530円】   
        

ラ・モッラにあるベッリの畑。
ここは、フランチェスコさんが生まれ育った
土地です。今まで奥さんのジュゼッピーナさんの
生家があったブルナーテの畑のネッビオーロだけから
バローロを醸造していましたが
収穫年2010年から、ベッリの畑でもバローロを
醸造しはじめました。バローロ ブルナーテと
全く醸造方法が同じで収穫年も同じですが
その味わいの違いを是非楽しまれて下さい。
50ヘクトリットルのスロヴェニア産
オーク材の大樽で3年間熟成。
瓶内熟成1年を経て出荷。
伝統的な醸造方法のバローロです。
こちらもブルナーテと同様に無農薬の畑です。



バローロ ブルナーテ BAROLO BRUNATE 2011 5,120円【税込5,530円】

ラ・モッラの3.4haのブルナーテの畑で
年間生産本数15,000
50ヘクトリットルのスロヴェニア産
オーク材の大樽で3年間熟成。
瓶内熟成1年を経て出荷。
伝統的な醸造方法のバローロです。
伝統的大樽で、ラモッラ村にある
ポテンシャルの高いブルナーテの畑で、
その土地の個性を活かすために
農薬は、使わずに栽培。






  



通信販売に基づく特定商取引に関する表示

一般酒類販売免許、輸入酒販売業免許、通信販売小売業免許
酒類販売管理者 奥山理恵
未成年者の飲酒は、法律により禁じられています。
20歳未満のワインのお申込みは、受け付けておりません
©Copyright Wine・Art S.p.A .Allright reserved